偽終止とは?コード進行の幅を広げる・使い方を徹底解説!

偽終止-アイキャッチ

 

こんにちは、たっくんです。

コード進行を作る上で重要なテクニック、偽終止をご存知ですか?

毎度同じ終わり方になって、マンネリ化することも多いはず。

ここでは終わり方のバリエーションを増やす、偽終止について、お伝えしていきます。

 

たっくん

進行の終わり方を変えるだけで、ガラッと印象が変わりますよ!

ダイアトニックコードとは?解説と暗記不要の覚え方!

2018.09.18

偽終止とは

end-1

偽終止について、まずはお伝えしていきます。

終止とは

まずは終止について、簡単にお伝えしておきますね。

終止とは音楽の流れが落ち着き、終わること。すなわち解決することをいいます。

 

以前ご紹介したドミナントモーションも、終止の代表格ですね。

曲やセクション、
もっといえば進行単位でも、最後に終わる部分は終止と呼ばれるわけです。

 

たっくん

流れが一段落する部分は終止と呼び、その流れを終止形と言います!

 

上でご紹介したように、
ドミナントから終止する場合は、「ドミナント終止」と呼ばれています。

またサブドミナントコードから終止する場合は、
そのままですが「サブドミナント終止」と呼ばれています。

 

正直この言葉自体を覚える必要はないんですが、
解決に向かう前のコードと、解決させるコード。

 

ここを意識するようになると、
手グセでマンネリ化することがずっと減ると思います。

 

ここまでのまとめ
  • ボカロ = DTM
  • ボカロ以外も作れるようになる
  • 初音ミクは永遠の16歳

 

偽終止の使い方

上では終止に向かうコードによって、
それぞれに名前がついているとお伝えしました。

 

ここでお伝えする偽終止は、その終始の中の1つ。

その名の通り、偽の終止です。

 

たっくん

音楽用語のネーミングは本当に安直ですよね。

 

上でお話しした終止では、
解決するコードは統一したままで、そこに向かうコードを変えていました。

 

それとは異なり偽終止は、
向かった先の解決するコードが、本来解決するコードでないため「偽」と呼ばれます。

 

本来解決する「Ⅰ」のコード、
Cメジャーキーでは「C」にあたりますね。

ここに進まずに、その他のコードで解決をはかろう!というのが偽終止です。

 

そこで問題なのは、その他のコードがなんなのか。

ここで登場するのが、代理コードなのです!

代理コードとは?使い方と種類一覧をまとめてみた!

2018.09.20

 

Cメジャーキーでは「Am7」と「Em7」に当たりますね。

つまり
| CMaj7 | FMaj7 | G7 | Am7 | といった進行は偽終止に当たるわけです。

 

流石に偽とは言え終始なので、
トニック以外のものに結びついては終始と呼べません。

 

そこでトニックの代理コードを使うことで、
終わりに使えるコードの種類を増やし、進行の幅を広げることができる。ということなんです!

 

最も安定するトニックではないので、
若干不安定な、落ち着ききらない感じが残るこの偽終止。

行き先がマイナーコードなのもあり、
雰囲気は若干、哀愁たたえたクールなものになります。

 

終わりきらないことで、次の展開に繋げやすい
そんなメリットもあるので、上手に使いこなしたいテクニックです!

 

たっくん

いちいち「Ⅰ」に解決せずとも、
曲中の進行を引き伸ばす、繋ぎの役割もしてくれるのです!

 

最後に

 

ここまでのまとめ
  • 偽終止 = トニック代理で解決すること
  • 進行のバリエーションが広がる
  • 解決しきらず次に繋げやすい

読破お疲れ様でした〜。

普段使っている進行を見てみると、
案外、偽終止を使っているものが多いことに気づくはずです。

 

それくらい使いやすく、
手っ取り早く雰囲気を変えられるテクニックということですね!

 

たっくん

偽終止でクールな余韻を!

コードの種類まとめ!よく使うコードの名前と解説!

2018.09.16

 

以上、たっくんがお送りしました。
また次回の記事まで!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、たっくんです。 曲、絵、ブログを書いているクリエイターです。 普通が変わりつつある今の時代、貴方たらしめるものは何ですか? 〜Create Yourself〜 夢で生きるを証明する。