ボイシングとは?展開形とコードを綺麗に鳴らす方法まとめ!

ボイシング-アイキャッチ

 

こんにちは、たっくんです。

作曲をしていて、
コードを繋げると違和感がある。音が濁ったり、薄っぺらく軽く聞こえる。

そんなこと、ありませんか?

それはコードを正しいボイシングで鳴らしていないから

ここではボイシングの方法と種類について、お伝えしていきます。

 

たっくん

正しいボイシングが楽曲をスッキリ響かせる!

コードの種類まとめ!よく使うコードの名前と解説!

2018.09.16

ボイシングとは

clothespins-1

あまり聞きなれない「ボイシング」、まずはボイシングについて解説していきます。

ボイシング=音の積み方

ボイシングは、コードトーンを積む・配置することを言います。

「そんなこといつもやってるよ!」
だなんて聞こえてきそうですが、本当に正しく積めていますか?

 

例えば「CMaj7」というコード。

コードトーンこそ「C・E・G・B」と決まっているものの、
それをどう積み上げるかまでは指示されていませんよね。

例えばこのように打ち込んだもの、
もちろん全て響きは違うのですが、表記するなら全て「CMaj7」になるのです。

CMaj7 ボイシング

ベースがルートさえ鳴らしていれば、
キーボードが「G・B・C・E」と鳴らしていても、

サウンドとしては「CMaj7」として聞こえるからですね。

 

もっと言えば、「E ・G・B」、
つまり「Em」という別のコードを鳴らしていても、

ベースさえ「C」を弾いていれば、総合的に「CMaj7」なんですよ。
(画像左から二つ目のボイシング)

 

注意

これらはあくまで、ベースがルートを弾いている場合の話です。

そうでない時はオンコード、もしくは別のコードになってしまうので注意!

 

同じ表記とはいえ、絶対に響きは異なりますよね。
積まれる順番も違ければ、音を省略する場合もあるんですから。

 

余分な音を省き、並べ、効率的に最も綺麗な響きを得る

これがボイシングなのです。

 

たっくん

アレンジするには欠かせない力ですよ!

 

ここまでのまとめ
  • ボイシングは音の配置
  • 同じコードでも沢山のバリエーションがある
  • アレンジに必須の技術

 

ボイシングの種類

apple-2

「じゃあどうすればいいの!」なんて聞こえてきそう、でもないのですが、

ここからは具体的な、2種類のボイシングをお伝えしていきます。

クローズボイシング

まずはクローズボイシングです。クローズドボイシングとも言います。

これは最もよく使うボイシングの一つ、身近な例ではピアノの右手です。

 

定義としては、1オクターブ以内のボイシングになります。

右手だけで2オクターブも出せる人はいないので、
自ずとコードトーンが密集、隣接して、1オクターブ以内で収まるということですね。

 

鍵盤系のアレンジをするにおいては絶対必要なボイシングです。
案外気をつけるべきポイントは少ないので、サクッと覚えてしまいましょう!

 

たっくん

実際に自分で鳴らしながらだと無理に気づけるので、上達が早まりますよ〜

 

注意点(1)

1オクターブ以内に収まる、ということは、
コードトーン同士の距離、度数も短いということ。

音程・インターバルとは?全種類と表記をまとめてみた。

2018.09.15

ここで問題になるのが音域の話です。

 

こちらで詳しく解説していますが、
ローインターバルリミットというものが存在しています。

ローインターバルリミット?コードを鳴らせる限界点とは!

2018.09.22

 

この下限を守らないと、
曲中で音をミスしていないはずなのに、間違えたような濁りが生じてしまいます。

 

注意点(2)

メジャーセブンスでは音が半音でぶつかります。

「CMaj7」では「C・B」がそれにあたりますね。

 

これが最も目立つトップに来てしまうと、
その濁りが悪目立ちして、あまりいい響きになりません。

この場合は内声に閉じ込める形でボイシングすると、綺麗に響かせられますよ。

 

ここまでのまとめ
  • クローズボイシングは1オクターブ以内
  • キーボードアレンジで必須
  • ローインターバルリミットと上声部に注意

 

オープンボイシング

クローズときたらオープンです。

これは先ほどの逆で、
コードトーンを1オクターブ以上に広げて配置したボイシングになります。

 

先ほどのクローズボイシングはピアノの右手だ、
だなんてお伝えしましたが、

このボイシングではギターが身近な例にあがります。

 

また壮大なオーケストラなんかでも、
必然的に広い音域に渡って、和声が展開されていますよね。

 

単純に音域が広がる分、スケールが大きくなるので、
響きもクローズボイシングに比べ、スクリーンの大きなサウンドになります。

 

太めのシンセなんかも倍音の関係上、
ローインターバルリミットと同様濁りを生じる可能性があるので、

オープンボイシングで逃がしてあげる、なんてことも可能になるわけです。

 

たっくん

ギターは構造上、オープンボイシングが得意な楽器なんです〜

 

注意点(1)

ピアノだと左手で一度と五度、
右手で三度と七度のような型が、基本形になります。

 

これは各声部(音)が離れすぎると、
和音が分裂して聞こえてしまうリスクがあるからなのです。

 

また倍音の関係上、
上の方に希薄な三度と七度がきた方が、綺麗に鳴るからなのですね。

これらの度数は重ねすぎ注意なので、そこもポイントになります。

 

ここまでのまとめ
  • オープンボイシングは1オクターブ以上
  • 管弦などのアレンジで必須
  • 乖離と音色に注意

 

展開形と連結

最後に、
展開系と連結についてお伝えしていきます。

 

今まではコード単体での話でしたが、
曲中には必ず流れというものが存在しています。

つまりコードは次のコードに繋がることで、進行になっていくわけですね。

 

ここで問題になるのが繋げ方

そこで真価を発揮するのが、このボイシングというわけなのです。

連結のコツ

例えば、何も分からない初心者が、
コード進行を初めて鳴らす時、きっとこんな感じです。

初心者ボイシング-1

デコボコしていて非常に聞きづらいですよね。

 

もちろん、実際に鳴らすべきはこうなのです。

お手本ボイシング

このように、
コードのボイシングを少しいじることで、

響きが滑らかに繋がるよう最適化するのも、ボイシングの役割なのですね。

展開の種類

この時、
コードトーンを上下に入れ替えることを展開といい、

それぞれ展開形に数字がついています。

展開形-1

左から基本形、第1展開形、第2展開形、第3展開形です。

トライアドでは、
第3展開形で基本形に戻ってくるので、第2展開形までしかありません。

また、ナインスがある場合はその分、第4展開形に発展します。

 

「C・E・G・B」の順に下から並んでいる時、
一番下の音をジェンガのように引き抜いて上に積み上げるたび、

この数字が増える、というシステムですね。

 

コード単体の響きはもちろん、
横の繋がりまでをも最適化するのが、ボイシングの役割なのです。

 

たっくん

通常は基本形、次が第1展開形です。
第2展開形だと勘違いしやすいので注意!

 

最後に

 

まとめ
  • ボイシング次第で響きが変わる
  • 縦と横を最適化できる
  • 音色や音域など臨機応変な対応が必要

随分長い記事になりましたが、読破お疲れ様でした〜。

 

ボイシングを適当にやってしまうと、
せっかくの良いコードワークも、なんだか濁って汚く聞こえたり、

軽く薄っぺらく聞こえたりします。

 

曲の重心と厚みを保つ、
非常に重要なテクニックですので、ぜひトライしてみてくださいね!

 

たっくん

ボイシングで厚みのコントロール!

ディグリーネームとは?コードを暗記不要にする魔法の数字!

2018.09.20

 

以上、たっくんがお送りしました。
また次回の記事まで!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、たっくんです。 曲、絵、ブログを書いているクリエイターです。 普通が変わりつつある今の時代、貴方たらしめるものは何ですか? 〜Create Yourself〜 夢で生きるを証明する。