テンションとは?コードがお洒落になる使い方と一覧まとめ!

テンション-アイキャッチ

 

こんにちは、たっくんです。

コードに緊張感を与える「テンション」をご存知ですか?

お洒落なサウンドや、
緊張感のあるサウンドを手軽に作れる優れものです。

ここではそんなテンションについて、お伝えします。

 

たっくん

テンションでちょっぴり大人なサウンドを!

分数コード・オンコードとは?使い方と種類まとめ!

2018.11.02

テンションとは

coffee-3

まずはテンションについて、お伝えしていきます。

テンション=緊張感を与える音

コードの上に積み重ね、
緊張感を醸し出す音がテンションノートと呼ばれるものです。

具体的には「9th」から先が、テンションノートになります。

 

テンションの数字はルートからの度数なので、「9th」は九度の事。

「CMaj7 (9)」の場合は「D」がテンションノートとなります。

 

また、テンションが含まれるコードはテンションコードと呼ばれるので、

「CMaj7 (9) 」はテンションコードという扱いになります。
(響き的には「Maj7」も限りなくテンションに近いと感じますが…)

 

たっくん

テンションは緊張という意味なのでそのままですね。

ここまでのまとめ
  • テンション = 緊張感を与える音
  • 9th以上でテンションコード
  • ジャズ等のサウンドでは必須

 

テンションの種類

テンションといっても、闇雲に重ねたら響きは濁るだけです。

テンションの種類、重ね方だけでも、ざっくりと把握しておきましょう!

9th・11th・13th

テンションはこの三種類しかありません。

「9th」から先とはいえ、「11th」と「13th」しか存在しないのですね。

これらがそれぞれ「♭・♮・#」するだけなので、難しく考える必要はありません。

 

余力がある方は、
オルタードテンション・ナチュラルテンション、という単語も覚えちゃってください。

変化したを意味する「altered」。「♭・#」により変化したテンションの事ですね。

 

下記は有効なテンションのまとめです。
三種類はこれらに派生する、ということになります。

例えば「11th」において「♭11th」は存在しない、ということです。

 

有効なテンション

  • 「9th」  – 「♭・♮・#」
  • 「11th」- 「       ♮・#」
  • 「13th」- 「♭・♮       」

 

補足

【♭・♮・#】

それぞれフラット・ナチュラル・シャープと読む。

半音下げ・♭#を無効化・半音上げの記号。
(譜面においては親切心で「♮」が追って書かれる場合も有り)

 

たっくん

テンションには難しそうなルールが多いですが、
読み解くと案外そうでも無かったりするので、ファイトです!

ここまでのまとめ
  • テンションは「9・11・13」の三種類
  • それぞれ「♭・♮・#」があり、無いものもある
  • ナチュラルテンションとオルタードテンション

テンションの使い方

home-office-1

テンションの具体的な使い方をお伝えします。

各テンションの使える音

実は、全てのコードで全テンション使える訳では無いんです。

それぞれのコードに、
使っていいテンション、ダメなテンションがあるんですね。

ここでは基本的なダイアトニックコードをもとに、お伝えします。

ダイアトニックコードとは?解説と暗記不要の覚え方!

2018.09.18

メジャーコード( Ⅰ・Ⅳ)

 

まずはメジャーコードにて使えるテンションです。

 

使用可能なテンション

「9th・#11th・13th」

 

これらがメジャーコードにて使えるテンションになります。

 

Cメジャーにおける「CMaj7」と「FMaj7」では、
「9th・#11th・13th」が使用可能という事ですね。

 

しかし「Ⅰ」、「CMaj7」においては、
「#11th」は原則使えない、ということになっています。

 

とはいえ今では普通に効くサウンドなので、
気持ち悪く感じないのなら使っちゃってもOKです!

(USTの「D / CMaj7」だってよく聞きますが、本質はCMaj7(9,#11,13)ですからね)

 

たっくん

禁則でも気にならないのなら、使っちゃってOKです。
理論は判断材料の一つであって、足枷では無いのです!

 

マイナーコード( Ⅱm7・Ⅲm7・Ⅵm7)

 

二つ目はマイナーコードで使えるテンションです。

 

使用可能なテンション

「9th・11th」

 

この二つだけが使用可能なテンションです。

 

しかし、「Ⅲm7」においては、
「9th」が調性外になるので原則使えません

しかしこれも先ほど同様、
耳にすることが多い為、違和感がない局面なら使ってOKです。

キー・調って何?耳コピや作曲でのメリットと解説。

2018.09.17

 

また、「Ⅶm7 (-5) 」は「11th・♭13th」が使用可能です。

 

たっくん

個数も少ないので、サクッと覚えてしまいましょう!

 

ドミナントセブンス(Ⅴ7)

 

最後はドミナントセブンスです。

ドミナントモーションとは?原理と効果を徹底解説!

2018.09.24

 

使用可能なテンション

「11th」以外全て

 

驚愕のテンション耐性ですよね。

ドミナントはほとんどのテンションが使用可能です。

 

改めて全てを網羅すると…

使用可能なテンション

「♭9th・9th・#9th・#11th・♭13th・13th」

 

ということになります。

使えない方が圧倒的マイノリティーなので、
「11th」が使えない、とだけ覚えておきましょう。

 

テンションはその特性上、緊張感をもたらすので、
安定感が必要なトニック等では盛り込みづらかったりするんです。

その点ドミナントの親和性は半端じゃありませんよね。
多少ギリギリの響きになっても、役割上問題ないのがその理由です。

 

しかし「♭13th・13th」のような、
同属の別種は混ぜないようにした方が、綺麗に響きます。

 

たっくん

むしろ一番覚えやすいテンションです!

 

注意点

最後に表記の注意点です。

テンションは原則、
書かれたテンションより下のテンションを全て含みます。

 

「FMaj7 (11)」では自動的に「9th」を含むということですね。

もし「11th」だけを足したい場合は、「FMaj7 add11」と指定します。

 

補足

【add】

指定したテンションだけ付与したい時につける記号。

読み方は「アド」、「Additional」の略称。

 

最後に

 

まとめ
  • テンションは緊張感を与える
  • 三種類 + その派生がある
  • コードごとに使用可能なテンションが異なる

お疲れ様でした〜。

暗記要素が多めですが、
テンションは分かりやすく、楽曲の雰囲気を変えてくれます。

童謡のような楽曲も、
テンション次第じゃカフェBGMに早変わり。

絶妙なさじ加減でロック・ポップスでも大活躍です。

 

未だ触れていないボイシング等、
若干難しい要素はあるものの、ぜひチャレンジして欲しいテクニックです。

 

たっくん

目指せテンションマスター!

平行和音とは?経過和音の使い方を解説!

2018.11.02

 

以上、たっくんがお送りしました。
また次回の記事まで!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、たっくんです。 曲、絵、ブログを書いているクリエイターです。 普通が変わりつつある今の時代、貴方たらしめるものは何ですか? 〜Create Yourself〜 夢で生きるを証明する。